脱毛と色素沈着の関係

脱毛と色素沈着の関係

脱毛をしたい部位に強い色素沈着があると、脱毛の施術が受けられない可能性があります。エステティックサロンやクリニックで行われる脱毛技術は、お肌を素通りしてムダ毛の黒色や濃い茶色に反応する性能を利用して、毛根にのみダメージを与えて脱毛の効果を得ています。お肌の色が濃くなっていると、お肌に直接ダメージを受けてしまう危険があるのです。逆に、脱毛の施術を受けることで色素沈着が改善するという説もあります。脱毛に使われるレーザーは、出力の強さは違いますが、シミとりに使われているレーザーと同じものです。そのため、シミとりと同じ効果が現れ、色素沈着が改善するのだろうと言われています。また、それまでムダ毛の自己処理をしていた方であれば、自己処理の方法に問題があり色素沈着が起きていたというケースもあります。脱毛の施術を受けたことで、問題ある自己処理法をとらなくてすむようになったことで、色素沈着が改善しているのですね。まれに、脱毛の施術を受けたことが原因で、色素沈着が起きてしまう可能性もあるようです。脱毛レーザーの出力調整や当てる角度の失敗などが原因で、ヤケドや炎症が起きて、その結果色素沈着となるので、気になる症状が現れたらすぐに相談しましょう。沖縄市内で脱毛するのに私が選んだエステとは

カテゴリー: 未分類 パーマリンク